著作権侵害の動画

Youtubeなどの動画サイトに著作権違反ではないかと思う動画は多く存在します。アニメやドラマが投稿されていたり明らかに違反である動画はありますがすべてが削除されているわけではありません。ではそれはなぜか、動画サイトには著作権に引っかかっているかどうかを検証するためのシステムがあります。

これによってほとんどは権利を侵害しているかどうかを判定できます。ただ、その反面誤解を招いているケースもあり利用者には迷惑をかけていることもあります。動画を削除させるには著作者からの削除申請があれば消すことは可能です。しかし、ネット上には数えきれないほどの画像や動画があり、そのすべてを申告する事はほぼ不可能です。そのためにどうしても見つからずに削除されていないものもあるのが原因の一つです。

そして著作物を侵害している作品を見つけたからといってもそこから告訴しようにも手続きに手間もお金もかかってしまい結果的に割に合わないから放置ということもあります。そういう場合には違法アップロードが黙認される場合があります。実際は余程の悪質性がない限り警察も動きにくいということです。ただ他のアップロード者に対する牽制のために逮捕するケースもあります。
しかし、あらかじめ著作物を登録しておくことでYoutubeに投稿された動画を収益化するサービスもあります。これらを利用すれば著作者の権利を守ることが可能です。