Monthly Archives: 11月 2016

著作権の基本

著作権という言葉を聞いたことはあっても、実際にそれがどのようなものなのかという事を具体的に調べたことはあるでしょうか。なんとなくのイメージはあっても、詳細は知らないという事も多いと思います。当サイトでは、著作権に関する知識を紹介しています。

主に著作権といわれるものは、著作物を作った著作者に与えられるもので、言い換えるならば財産権の一種でもあります。著作物にはいくつかの権利が含まれており、権利が束なってできているものでもあります。著作物に対して許可を得ないで複製を行ったり、二次的な著作物を作ったりすることなど、様々な制限がかかっています。これに違反すると、法的に罰せられるものとなるのです。

動画サイトなどを目にすると、アニメなどがアップロードされているところを見かけたことがあるのではないでしょうか。それは、著作権に該当するかどうかのシステムがあり、それによって権利が侵害されているのかを判断することができます。動画の削除については、著作者からの申請によって削除をしてもらうことが可能となっています。

また、画像やイラストなどに関して、著作権がフリーのものも存在します。しかしフリー素材に関しても利用規約というものが存在しますので、著作権とは別に、必ずチェックすることが大切です。当サイトではこれらのような著作権に関する情報を紹介しています。より詳細に知りたいという方はぜひ、当サイトをチェックしてみてはいかがでしょう。

著作権の基礎知識

著作権とは、ある著作物を作った著作者に与えられる財産権の一種であり、著作者に対し著作物を排他的に利用する権利を認めるものです。著作物の中には私分権と呼ばれる複数の権利が含まれていることから著作権は権利の束ともいわれています。

著作権は大きく「著作人格権」と「著作権」にわけられます。著作人格権には公表権と、氏名表示権、そして同一性保持権の3つがあります。ここからさらに分類することができ、著作権は作品のコピーに関する複製権と、公衆に伝達する権利、二次的著作物に関する権利に分けられます。この複製権とは著作物を他人に無断でコピーされない権利です。そして、公衆に伝達する権利は著作物の内容を公衆に伝える権利です。具体的には上映権、公衆送信権、譲渡権などが含まれます。アニメを例に挙げるならば原作となったコミックに著作物でありアニメは二次創作に含まれます。

つまり、アニメを制作する際も著作者の許可を取る必要があります。また、制作されたアニメを翻訳する際にも著作者の許可が必要となります。このような著作権は芸術家・プロに限らなくても適用されます。なので、たとえ子供の落書きであっても思考・感情が創作的に表現されていれば著作物となり著作権は発生します。

著作権フリー

何かの拍子にネット上の写真をつかわなければならないときには著作権フリー画像という物が存在します。これらは画像に限らずに音声でもイラストでも自由に使えます。著作権についてよく知らずに適当に画像を使ってしまえば犯罪になってしまうこともあります。

そんなときには知らなかったでは済まされないのでしっかりと覚えておきましょう。ネット上でのフリー素材はたくさん紹介されていますが、利用規約は必ず読んでおきましょう。ただ著作物を使うだけではなく利用したら作者に必ず連絡を入れるといったように新たな条件が付けられている可能性があります。この利用規約の範囲内で最低限作者とのトラブルを回避し自己責任が取れるように使うことを心がけてください。

著作権フリーといっても利用条件や利用制限が作者によってバラバラなのが特徴であり、短所でもあります。この問題の解決策として作者が既存の利用規約から好きなものを選び自分の作品にそれを適用するというものがあります。近年ではこの方法も少し見られており、既存のライセンスを利用することで利用者に新たに1から説明する手間が省けます。さらに著作権侵害のリスクも緩和できるメリットも生まれます。

著作権侵害の動画

Youtubeなどの動画サイトに著作権違反ではないかと思う動画は多く存在します。アニメやドラマが投稿されていたり明らかに違反である動画はありますがすべてが削除されているわけではありません。ではそれはなぜか、動画サイトには著作権に引っかかっているかどうかを検証するためのシステムがあります。

これによってほとんどは権利を侵害しているかどうかを判定できます。ただ、その反面誤解を招いているケースもあり利用者には迷惑をかけていることもあります。動画を削除させるには著作者からの削除申請があれば消すことは可能です。しかし、ネット上には数えきれないほどの画像や動画があり、そのすべてを申告する事はほぼ不可能です。そのためにどうしても見つからずに削除されていないものもあるのが原因の一つです。

そして著作物を侵害している作品を見つけたからといってもそこから告訴しようにも手続きに手間もお金もかかってしまい結果的に割に合わないから放置ということもあります。そういう場合には違法アップロードが黙認される場合があります。実際は余程の悪質性がない限り警察も動きにくいということです。ただ他のアップロード者に対する牽制のために逮捕するケースもあります。
しかし、あらかじめ著作物を登録しておくことでYoutubeに投稿された動画を収益化するサービスもあります。これらを利用すれば著作者の権利を守ることが可能です。